ある日突然警察から電話が・・・街中で迷子になっていしまった母。

ある日突然警察から電話が・・・街中で迷子になっていしまった母。

40代 ゆいちゃんかあちゃん」

 

私は40代、専業主婦です。子供は2人、小学生の男の子と女の子がいます。
私には75歳になる母がいるのですが(父は13年前に他界)認知症を発症。離れて暮らしてましたが、ある出来事をきっかけに「これはさすがにまずいぞ」と危機感を抱き、我が家で一緒に暮らすことに・・・。
その出来事とは、街中である日突然迷子になってしまったのです。
ある日突然という話はたまに耳にしますが、まさか自分の母が?と耳を疑ってしまいました。
「私はだれ?ここはどこかしら?」と、何十年と住み慣れた街で突然の迷子。たまたま巡回中の警察の方が声をかけてくれたようで、親切に対応していただき電話をいただいたわけです(泣)。
私の家の電話番号は暗記をしていた母ですが、財布に番号を記したメモを入れていたそうです。そのメモがあったおかげですぐに連絡をもらうことができました。
しかし、前日の電話ではごく普通に会話ができていた母。警察に迎えに行ってみると、パニックをおこして泣いてしまっているではありませんか。この姿をみて、『もう一人暮らしをさせるのは限界かな・・・』と痛感。旦那とも相談し、我が家で一緒に暮らすことに。
実家と我が家との距離はそんなに遠くなく、母にとっては来慣れた土地のはず・・・大丈夫!と思っての決断でした。
ところが、認知症自体はたぶん父が13年前に他界してから緩やかに発症していたんでしょうが、今回の迷子の件で精神的に非常に不安定となってしまい、
私たちの家に来ても気持ちはグラグラな状態でした。今までは見たことがない攻撃性が表れ、ことあるごとに「ここは私の家じゃない!」と外に飛び出してしまうように。また迷子になっては大変だからと止めにかかると物を投げつけられたり、叩かれたり。
大好きな母の変貌に悲しくて・・・。しかし、子供たちがいる時間だけは「孫がいる!」という嬉しさからでしょうか、心穏やかに過ごす母に。
極端な二面性が如実に現れるようになりました。
子供に帰る母と、祖母としての母。
よく考えてみると、母にとっては環境が変わるというのは大きなことであり、その不安をぶつけているのは実は娘である私だけだったのです。私にとってこの母の姿は見ていて本当につらいんです。でも、唯一心を話せる相手は私であり、甘えることができるのも私なのだと気付いたのです。
じゃあどうすればいいのか・・・どうせ専業主婦ですし、こうなったらじっくり向き合おうじゃないか!と腹をくくったら一気に気持ちが楽に。
おおらかに受け止めることで、外に出たいと不安感を訴えた時には一緒に外を歩き、気持ちが落ち着いたら一緒に家に帰る。毎日同じことの連続でしたが、否定をせずに受け止めてみると、穏やかな本来の母に戻ってくれました。

不思議ですね。人と人は鏡合わせ・・・とよく言いますが、認知症の方の場合は特になんですもんね。
そばで介護する側がおおらかでなくてはいけないのだと、母から教わりました。