教えて!みんなの介護事情 身近に迫る介護の現実が学べるサイト

2017/03/16 10:29:16 |
もう随分と前の事ですが、30歳の時にハローワークで介護職員初任者研修を取得しました。どうして取りに行ったかっていうと、たまにしか会わない母親の勧めと、偶然にも交通事故にあってしまい、その時勤めていた会社を退社することになってしまい、その時通っていた病院の看護師さんや、介護士さんに随分優しくして頂いた...
2016/10/13 17:12:13 |
私の祖母は認知症です。病院で行った認知症テストではそこまで酷くない比較的軽度の認知症だと診断されました。しかし元々精神疾患も患っており、こちらが予測できない行動をとる事があります。その一つが、「〇〇(物)がなくなった!」と騒ぎ出す行動です。祖母がとある老人ホームに入居し始めた時は特に酷かったです。自...
2016/09/22 17:10:22 |
50代 BBさん義理の母の介護を経験した思い出です。主人は男兄弟だけでしたので、義理の父と、主人の兄の嫁、私の三人が協力して、母と密度の濃い時間を過ごしました。兄嫁がリーダーシップを握り、昼晩の食事や排泄、体位交換など、分単位のスケジュールを組み立て、私はそれに沿って行動しました。基本的に一日交代で...
2016/08/26 17:06:26 |
60代 nokko私は主人の母親の介護をすることになりました。ベッドを居間の真ん中に母の部屋から移して、目の届くところにいるようにしました。ちょっとしたことでも、声をかける事ができ、家族で誰でも気にしてみる事ができるからです。私は仕事に出ていました。朝ごはんを作り、母に食べさせます。オシメも、交換し...
2016/08/19 17:05:19 |
40代 いよかんかん同居している母方の祖母の介護(要介護5)と祖父の介護(要介護1)を、母と一緒に行いました。祖母は11年、祖父は2年。祖母は脳梗塞で左手左足が麻痺しましたが、同居していたので介護をしながら自宅で生活できました。祖母は要介護5なので、食事から排泄、入浴まで母と私、そして私の妹と家族全...
2016/08/13 17:04:13 |
20代 さくらいま現在、介護度3以上ではないと老人ホームなどへの入居はできません。ショートステイやデーサービスなどは介護度3なくても利用できるようになっています。ですが、老老介護はとても大変です。わたしの祖母も祖父の介護を家でやっています。週2回はデーサービスを利用しています。週5日は家で祖父を介護...
2016/07/25 17:03:25 |
20代 りんごいまもまだわたしが祖父の介護中です。わたしは23歳で2児の母です。祖父は認知症になり、5年目になります。認知症になったときにはわたしは実家にいませんでした。いまは主人が単身赴任で他県にいる為、実家に住んでいる状態です。祖母はいますが、まだまだ元気な為畑で野菜作ったりすることがすきなので...
2016/07/25 17:01:25 |
40代 はにー近所に住む伯母さんが脳梗塞で倒れてしまいました。幸い、早急な処置だったので、少しの入院で済んで良かったです。ただし、多少は後遺症があります。右手と右足の動きが鈍いのです。これはリハビリが必要だということになりました。病院や親族などが集まっていろいろと相談した結果、デイサービスを受けるこ...
2016/07/25 16:59:25 |
40代 ゆいちゃんかあちゃん」私は40代、専業主婦です。子供は2人、小学生の男の子と女の子がいます。私には75歳になる母がいるのですが(父は13年前に他界)認知症を発症。離れて暮らしてましたが、ある出来事をきっかけに「これはさすがにまずいぞ」と危機感を抱き、我が家で一緒に暮らすことに・・・。その出来...
2016/07/25 16:57:25 |
50代 ぴーちゃん母の様子がおかしくなったのは今から8年ほど前からで、今は要介護認定まちの寝たきりの認知症の状態です。最初は認知症を疑いましたが先ずどうしたらいいのか?そこから始まり、休暇を取って市の市民相談に行ってみました。その当時は認知症と遠回しに言わず「母がボケてしまったようなのですが」という...

自宅介護でも役立つ介護ヘルパー資格

わからない、理解できないから余計にツライ。介護をしていると損な事ってありますよね。
そういった負担を少しでも和らげるために役立つのが介護に関する「知識」です。
何故?どうして?という所をメカニズム的に理解することで精神的な負担を和らげることができます。
介護の基礎知識を学ベル資格というと介護初任者研修があります。
旧ホームヘルパー2級と同等の資格で介護ヘルパーになるための知識を学ぶ資格ですが、自宅介護に役立つ内容や介護の基礎知識が学べることからご家族の介護に役立てるために取得する方も多い資格です。
実際に役立つ内容を学びながら資格も取れるのは大きなメリットですね。